長野県直営 共創型ふるさと納税受付サイト「ガチなが」

これまでの寄付総額
120,619,4592024.05.24現在
※本サイトでは、返礼品は原則として提供していません

進捗レポート

【これまでの活動】信州の屋根ソーラー普及事業

長野県がより魅力あふれる“ふるさと”になるよう、皆さまからの寄付金をさまざまな事業に活用させていただいている「ふるさと信州寄付金」。

今回は、令和2年度の寄付金を活用して実施した「信州の屋根ソーラー普及事業」をご紹介します。

「2050ゼロカーボン」に向けて

長野県では「2050ゼロカーボン」達成に向けて、地域と調和した太陽光発電設備の設置拡大を図るために、信州の屋根ソーラーの普及を推進しています。

「すべての屋根に太陽光を」を合言葉に、様々な施策を展開することで普及スピードを加速させ、目標の達成を目指します。

信州の屋根ソーラー普及事業の詳細はこちら

信州の屋根ソーラー普及事業

「信州の屋根ソーラー普及事業」は、「気候変動対策や豊かな自然環境の保全への活動」の一つとして、令和2年度のふるさと信州寄付金で実施されました。

しあわせ信州創造プラン2.0の重点目標(再エネ自給率:12.9%、2020年度)達成に必要な再エネ導入量を確保し、「エネルギー自立地域」を実現することを目指しました。

令和2年度は、建物の屋根における太陽光発電・太陽熱利用の普及を促進するため、令和元年度に構築した「信州屋根ソーラーポテンシャルマップ」の利用促進に取り組みました。