長野県直営 共創型ふるさと納税受付サイト「ガチなが」

これまでの寄付総額
120,619,4592024.05.24現在
※本サイトでは、返礼品は原則として提供していません

進捗レポート

【これまでの活動】クラウドファンディング事業(信州こどもカフェ応援プロジェクト)

長野県がより魅力あふれる“ふるさと”になるよう、皆さまからの寄付金をさまざまな事業に活用させていただいている「ふるさと信州寄付金」。

今回は、令和3年度の寄付金を活用して実施したクラウドファンディング事業(信州こどもカフェ応援プロジェクト)をご紹介します。

信州こどもカフェとは

長野県では、様々な子どもの居場所の取り組みの中で、学習支援、食事提供、悩み相談、学用品等のリユースなど複数の機能を提供し、月1回以上計画的に開催されているものを「信州こどもカフェ」という愛称で呼び、その設置を推進しています。

「信州こどもカフェ」の詳細はこちら

クラウドファンディング事業(信州こどもカフェ応援プロジェクト)

「信州こどもカフェ応援プロジェクト」は、「未来を担うこどもたちの教育の充実・学習環境等の支援」の一つとして、令和3年度のふるさと信州寄付金で実施されました。

新型コロナや物価高騰の影響などにより、生活に困っている家庭はさらに苦しくなっており、十分にごはんを食べたり、学んだりする機会を持てない子どももいます。

長野県では、2019年度より「信州こどもカフェ運営支援事業補助金」を創設し、食材費や会場費、光熱水費などの運営費を支援しています。運営者の皆様からは「高騰している食材を購入することができて助かっている」「コロナの影響で食事提供ができないときにお弁当で対応しているが、容器代がかなりかかるため助かっている」といった声が寄せられています。